激しくなる空襲・昼夜の火薬製造

 昭和19年(1944年)11月に大牟田市に空襲があったのを最初に翌20年6月・7月と荒尾市にも空襲が行われている、荒尾製造所も工場二棟が全焼したが犠牲者は皆無、米軍戦闘機からの機銃掃射による攻撃も数回受けている。   

 荒尾市内では万田・原万田・四ツ山・大島・昭和・大正地区と壊滅的な被害を受けた。総務省の記録では死者46人・負傷者295人罹災家屋878戸・約9万坪焼失・罹災者4360人と当時の人口の約12%の市民に被害を与えた。   8月12日には平井小学校でも機銃掃射を受けた。

隣りまちの大牟田市では合計5回の空襲を受け、死傷者約3000人・罹災家屋12000戸以上と市内は焼の原と化した。   (総務省記録・大牟田市史・荒尾市史・大牟田の空襲を記録する会等参照)

 昭和20年(1945年)になると戦況は悪化し、日本全土への空襲が本格化した。  日本各地は火の海となり、特に都市部・工業都市での空襲はひどく食糧事情も悪化、荒尾製造所も同じく食べ物は枯渇した。

 火薬製造もこの頃には昼夜を問わず三交代制で作業に従事、それまでの第一・第二工場地帯に加え新たに第三工場地帯での工場完成を急がせ、出来上がった工場から随時、火薬製造の増産が開始された。(二造会冊子では第三工場地帯の工場は建設中のまま終戦とあるが、すでに稼働していたのが判明、他の倉庫・保管庫等が建設途中だった。)

 昭和19年の11月から、陸軍秘匿命令で荒尾製造所の疎開地として、大分県旧溝部村(現中津市山国町)に地下工場を建設、荒尾からも人員を派遣、旧鉱山跡のトンネル内部を火薬製造工場に作り変えたり、近郊の山間部に地下工場用トンネルを数か所にわたり掘削、地下トンネルは終戦まで掘られいた。(山国町郷土誌業書・おおいたの戦争遺跡参照)  


空襲直後の大牟田市の写真・大牟田市庁舎より四ツ山方面撮影・国道左側が特に焼失してる    (大牟田市役所所蔵)


東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所 平和資料館

第二次世界大戦時、国内最大規模で敷地面積100万坪を有した旧陸軍の火薬工場がここ荒尾市にあった。 「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所」通称を荒尾二造(あらおにぞう)と呼び、学徒を含む3000人弱の男女が働き、火薬・炸薬( 爆薬)類を製造、 陸軍小倉造兵廠(現北九州市)で砲弾や爆弾、地雷となり戦地へと送られた。 私達は荒尾二造の調査・記録・保存活動・啓発活動を通じて平和の大切さを伝えています。