始まった火薬工場の建設

 昭和15年(1940年)火薬工場建設の為、旧陸軍造兵廠熊本出張所が設置

写真の後方の建物(バラック平屋建造りの東西2棟の建物から出発)(のち共栄会)

 昭和15年~17年にかけ、幹線道路、支線道路、循環道路整備、次いで本部建物・病院・官舎・宿舎・学生寮・工場用地整地と進み次々に工場の主要な建物が建設されました。

終戦時、工場用地内には建物の総数は500棟以上ありました。。


     東京第二陸軍造兵廠熊本出張所当時の集合写真(松山光子さん提供)

東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所 平和資料館

第二次世界大戦時、国内最大規模で敷地面積100万坪を有した旧陸軍の火薬工場がここ荒尾市にあった。 「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所」通称を荒尾二造(あらおにぞう)と呼び、学徒を含む3000人弱の男女が働き、火薬・炸薬( 爆薬)類を製造、 陸軍小倉造兵廠(現北九州市)で砲弾や爆弾、地雷となり戦地へと送られた。 私達は荒尾二造の調査・記録・保存活動・啓発活動を通じて平和の大切さを伝えています。