荒尾市とはこんな所

 九州は福岡県大牟田市の南と県境を接する熊本県荒尾市、熊本県では北西部に位置し東に小岱山県立自然公園、西に有明海を面し、南は造船と金魚のまち長洲町に囲まれた自然豊かなまちです。縄文時代後期頃より荒尾地域にも人が住み初め、奈良、平安時代を経て鎌倉時代には小代氏が下向、約330年間に渡り野原荘を治めてきました。その野原荘の西郷に属し、その後は熊本藩となり加藤氏(約40年間)、細川氏(約230年間)が熊本藩の藩主と移り変わりました。

 思想家・月田蒙斎、尺八奏者宮川如山、明治期には民権運動家の宮崎兄弟(八郎・民蔵・彌蔵・滔天)子供の宮崎龍介、詩人の坂村真民や余田弦彦・海達公子・小説家荒木郁子やその他にも著名人をを輩出.、現代では歌手の関島秀樹、芸能人の「ヒロシ」も当市出身です。

 産業では大牟田市の三井三池炭鉱に属する万田坑(世界文化遺産)・四ツ山坑があり、閉山までは炭鉱の町として急発展してきた。

 現在は世界文化遺産万田坑、荒尾干潟(ラムサール条約に登録)グリーンランド遊園地のあるまちとして有名。  特産物に荒尾ジャンボ梨・有明海苔・マジャク・小代焼他があります。

 市の人口は53000人位です(平成30年3月末現在)

(内容は荒尾市発行の市史・記念誌・小冊子等を参考)

                       荒尾市公式キャラクター・マジャッキー

                          熊本県荒尾市マジャッキー♯191

東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所 平和資料館

第二次世界大戦時、国内最大規模で敷地面積100万坪を有した旧陸軍の火薬工場がここ荒尾市にあった。 「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所」通称を荒尾二造(あらおにぞう)と呼び、学徒を含む3000人弱の男女が働き、火薬・炸薬( 爆薬)類を製造、 陸軍小倉造兵廠(現北九州市)で砲弾や爆弾、地雷となり戦地へと送られた。 私達は荒尾二造の調査・記録・保存活動・啓発活動を通じて平和の大切さを伝えています。